HEAPSmedia

こんなところで働きたい!?世界の快適・個性派オフィス

TECH

Photo by まぐまぐ!

誰もが「快適なオフィスでより生産的な仕事ができれば」と思うところではあるが、
この「快適」という言葉が示す物は人によって大きく異なるようだ。

そして、世界にはぎょっと驚くようなオフィスが多く存在するという。

レゴっぽいけどオモチャじゃない。

Photo by trendhunter

この一見モダンでスタイリッシュな建物(?)は、なんとオフィスが入った2つのコンテナが重なりあってできている。

これは使用されなくなった輸送用コンテナが、必要なオフィス設備を搭載することによって快適なオフィスへと一新されたもの。
コンテナはスリムな仕上がりで、床から天井まで伸びる窓が外からの日差しを上手く取り入れ、部屋に自然な明かりを灯してくれる。まるでレゴを積み重ねたようなオフィス、おもちゃみたいな見た目がカラフルでキュートで毎日が楽しくなりそうだ。

24時間MUSIC。音楽がないと生きていけない。

Photo by trendhunter

音楽を愛するラジオ会社Pandoraの新オフィス。オフィスには至る所に楽器が置かれてあり、企業理念がオフィスとそこで働く社員のライフスタイルに上手く反映されている。

Photo by trendhunter

天井にはカセットテープの写真がぎっしり、音楽が詰まっているようだ。
部屋一面紫一色でプリンスと名付けられているブースや、ボブ・ディランのコンサートチケットのコピーを壁紙アートに変えたブースなど、カラフルでいつでも音楽愛に溢れている。

力強くて、遊び心溢れるオフィスはPandoraのブランド力そのものだと言えるだろう。

透明感たっぷり。近未来のカタチ。

Photo by trendhunter

「ガラス・オフィス」として知られているこのオフィスは昔、産業地区であった香港の一角に建てられており、元は工場だったというから驚きである。

Photo by trendhunter

建物の外観自体はいたって普通だが、なんと壁、床、デスク、そしてエレベーターなど、このオフィス内のほぼ全ての物がガラスでできているという。

少しやりすぎ感がしなくもないが、とにかくスマート、透明性は抜群である。ただし、高所恐怖症の人は毎日ドキドキしながら仕事しなくてはならないかも…。

毎日変わる。毎日を変える。インタラクティブモーション・オフィス。

Photo by trendhunter

The Terrel PlaceはワシントンDCに位置する高層ビル。この建物の何が特別なのかと言うと、建物の壁一面にディスプレイが付いているということだ。

建物内を通る人の動きを感知し、動きに合わせて「都市の風景」、「色彩」、「四季」をテーマとする3種類の画像が自然に動くようになっている。それはまるで生きるアートのようでもある。

Photo by trendhunter

このディスプレイは建物内の公共スペースに設置されており、この動く壁紙がオフィスへ向って歩く人々の気持ちを元気付けてくれる。毎日の気分を新鮮に、さらには良い気分転換にもなるだろう。

毎日会社行くのが憂鬱だなあ、仕事嫌だなあ…そんな時もオフィスはどんと構えてあなたを待っている。
より快適で生産的な環境を我々が求め続ける限り、このような趣向を凝らしたオフィスは世界中で増え続けることだろう。

Editet by: HEAPSmedia

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP