HEAPSmedia

公式ルール知ってる?すいか割りは立派なスポーツだ!

OTHERS

Photo by Alex Lecea from Flickr

リオオリンピックも終わったし、今年の夏ももうすぐ終わりじゃん!なんか楽しいことして夏を締めくくりたい!そう思いませんか?

そこで、世界中がオリンピックに燃えた2016年夏にぴったりな熱く燃えるスポーツをおすすめしたい。

「燃えるスポーツ」それは、すいか割りだ!

え、それスポーツじゃないよ!と思ってしまうが、実はすいか割りにも一つの競技として公式ルールが存在するのだ。

Photo by Sharon Hahn Darlin from Flickr

まず、日本すいか割り推進協会をご存知だろうか?この協会がすいか割り公式ルールの生みの親だ。なんとこれを1991年に定めたのだとか。ロシア連邦とすいか割り公式ルールは同い年ということになる。

「そんな細かいこと気にしたことないよ!」と思うほどしっかりしているルールだが、ちょっとだけアホっぽい部分もあり、本気ですいか割りを「プレー」したい人にも、友人に軽く自慢できる遊びをしたい人にもうってつけ。

ここでは全部で7条あるルールの、重要ポイントを紹介しよう。

Photo by Chris Booth from Flickr

1、競技場所

・すいかと競技者(割る人)の間の距離は、5m 以上7m 以内とする。

最近見つかった約400歳のサメの全長も同じく5メートルだ。

2、用具

・すいかは、『日本国産すいか』を用いる。

すいかと言えば熊本。震災を乗り越えたすいかはきっとうまいぞ。

3、競技者

(ここでは審判員に必要な知識を試すクイズがある。あなたはいくつ解けるか試してみよう!)

・審判員となるには、すいかが大好きであることを条件とする。また、公正な道徳心を持つ健康な人であり、特に以下の設問に 3 問以上答えられる人とする。

① すいかの一番甘い部分はどこか?
② すいかの水分はどのくらい?
③ おいしいすいかの見分け方は?
④ すいかの種ってどのくらいあるか?
⑤ すいかの原産地は?

答えは後ほど。

Photo by momo from Flickr

4、競技の開始

・フォーメーションローリング(スタートする時の回転)をおこなう。回転方向は右回りで、回転数は5回と2/3回転とする。

「回転」ではなく、「フォーメーションローリング」だ。

5、競技の進行

・サポーターからのアドバイスにおいて、以下の行為を禁止する。

① 競技と関係のないアドバイス
② 競技者を中傷するような言動
スイカの真後ろに立って「私の声のする方へ」と言う指示

「もうちょい右だ!」って懐かしい!

6、勝負の判定

・すいかに当たらなかった場合、時間内であれば3回まで棒を振る事ができる。

「3度目の正直」も、日本流?

7、後始末

・勝ったチームは、すいかを食べる権利があり、負けたチームは、残ったら食べることができる。

負けたら食えないんかい!

Photo by Harsha K R from Flickr

クイズの答えはこちら。審判になるには3問以上の正解が必要!

①「真ん中の部分」と答えれば正解。
②「85%~91%」の範囲であれば正解。
③シマ模様がはっきりしていること。
④「400~500 粒」の範囲であれば正解。
⑤南アフリカ、またはカラハリ砂漠周辺のサバンナ地帯であれば正解。

なかなか難しい!
すいか割りをする前には充分な予習が必要だ。

ちょっとだけくだらないようにも見える公式ルールだが、充分に競技として成り立つクオリティだ。

今年の夏の締めくくりに、ガチなすいか割りはいかが?

Writer: Ken Nagasawa

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP