HEAPSmedia

夏は、素肌に馴染むエキゾチックなアクセサリーをいかが?

TECH

その美しさで人々を魅了する宝石。
偶然の産物だからこそ、世界に一つしかない神秘的な輝きを放つ。

もしも、人工的にその美しさを再現できたとしたら。

からだを艶やかに彩る、煌めく宝石。

虹色を宿したクリアカラー、冷たく輝くアイスブルー、柔らかに包まれたベビーピンク。

自然が生んだアートは人間では作ることができないほど美しい色をしている。一般的に天然石と言われる鉱物を、女性なら一度は手に取ったことがあるのではないだろうか。

それぞれの石はどれ一つ全く同じものはなく、芯から放つオーロラのような輝きで人を魅了する。

幻想を絵に描いたようだ。

彼女の手元を神秘的に照らしているダイナミックなクリスタル。
この作品はWynn Mustin氏が大学院の修士論文プロジェクト、でRhinoという3D印刷技術を使い、デザイン・制作したものだ。

まるで本物の鉱物にしか見えないこの作品は、結晶までも細かく再現されている。
これは3D印刷でデザインしたシリコン型を作り樹脂で固め、その中にさらに3D印刷を埋め込むという凝ったつくりで表現したものだという。

彼女は3Dプリンタの技術とアイデア次第で、こんなに幻想的でクールな宝石を作ることができることを実証した。

サイバー神秘を秘めたジュエリー

STONEDALONEの発想の源は長い瞑想とエーテルとの深い関係性からうまれるものだという。

人大学院の修士論文プロジェクトで、するものがストレスなく生きて行くために、宇宙からのエネルギーをお守りにする。本物の鉱物とはまた少し違ったアクセサリーとして、お守りとして、楽しめることだろう。

持っているだけで、不思議な力が芽生えそう。
エキゾチックで他には見ないこのアクセサリー、あなたも素肌にまとってみては?

気になったらぜひHPを見てほしい。
STONEDALONE

Edited by HEAPSmedia

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP