HEAPSmedia

【緊急捕獲】ロシアの“リアル”ムツゴロウさん、発見しました。

OTHERS

Photo by boredpanda

テディベアにクマのプーさん。見ている分には「クマ」は非常にかわいらしいキャラクターだ。

だがしかし、実際にはとても凶暴な動物で、人間では太刀打ちできないほどの力を持っている。そんなクマと一緒に暮らすだなんて……あなたは想像できるだろうか。

そのクマ、「私たちが育てます!」

Photo by anaxolotl from Flickr

木々が生い茂るロシアの森の中。ここで1匹の弱ったクマが猟師によって見つけられた。この時このクマはたった3ヶ月。そして、両親はすでにいなかったという。

これをかわいそうに思ってか、猟師は家に連れて帰ることに。

しかし連れて帰ってみたのはいいものの、一体どのように飼育をしていくべきか……。そう悩んでいたときに、とあるカップルがそのクマを育てると名乗り出たのだ。

「クマ」という新しい家族

Photo by boredpanda

そのカップルは、スベトラーナさんとユリさん。彼らはこのクマをペットとして飼う……のではなく、一緒に家族として住んでいくことを決心した。

このクマは彼らによってステファンとして名付けられ生活を共にするように。たっぷりの愛情を注ぎながら一緒に暮らしはじめ、なんと今年で23年目を迎えたのだ。

世界で最も楽しい「生活」

Photo by boredpanda
Photo by boredpanda

ステファンの体はもちろん通常のクマと同様に大きくなり、今ではすっかり人間以上の大きさに。それでも、スベトラーナさんとユリさんは「今までステファンに噛まれたことは一度もないよ」、「ステファンは人間を愛している、とっても社交的なクマなんだ」とまるでわが子ことのように語っている。それもそのはず、彼らは何をするにもステファンと一緒。映画を見たり、本を読んだり、お茶をしたり……。時にはステファンが映画に出てくる俳優のマネをして、二人を笑わせることもあるという。

「愛すること」とは?

Photo by Antonella B from Flickr

このステファンとスベトラーナさん、ユリさんカップルを見るとこう言わざるを得ない。性別や血縁、育った環境や家族の地位……。そんなちっぽけなものは「愛情」に勝てることはどうやったってないだろう。

なぜなら、野生のクマとして生まれたクマが、人間と一緒に愛情に溢れた暮らしをしているのだ。

彼らは言葉も通じないどころか、そもそも起源が違う。空気を読むことだってできないかもしれないし、互いの好きなものや嫌いなものもはっきりとは把握しきれない。しかし、彼らはとても幸せだという。

そんな幸せそうなカップル+1匹を見ると、愛情は言葉や地位の壁を越えてきっと心と心で通じ合うものだ、と思わざるを得ない。

Writer: Asuka Yoshida

 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP