HEAPSmedia

ノートが見にくい?そのワケは「文字」にあり

OTHERS

Photo by PEXELS

授業でとるノートはただ退屈しょうがない。
会議中必死でとるノートはどうしても後読み辛い。

それならば、ノートでお絵描きしよう!

ノートで重要なのは、文字ではない

Photo by Nilufer Gadgieva

メモの内容を文字としてではなく、図としてみればぐっとノートの見やすさは上がる。

Photo by DIGI SYSTEM

上の写真は樹形図式(メモリーツリー式)のノートのメモの一例。
「日本の税制をどうすればいいか」の命題を真ん中に配置し、そこら枝分かれ式に内容を展開してゆくというもの。

命題から枝分れしてゆく各小テーマが一目で分かる。
ただノートの段に分けて縦に文字でページを覆うよりも、 視覚的にパッと言葉の位置が見分けられる方が、書く時も読む時も気分が良い。

「一目で分かる」ノートは、書いてよし読んでよしでとにかく使い勝手が良いのだ。

楽しいだけじゃない!お絵描きノート

Photo by dessinauteur

図式化することにより、感覚的な記憶力を高められ、その上にメモにかける時間が普通の場合よりもぐっと縮まる。

要点のみを捉えて書かなければならないので、その場での集中力は散漫になりにくく、書く量も必要最低限で済む。

数学の公式の勉強は様々な公式の使い分けが求められ、技術自体が求められるので、図式メモの手法はあまり当てはめられない。

しかし、歴史学の様に体系的な知識と用語の記憶力が求められる分野であれば、このノート取り方は効果が発揮されそう。

簡潔で無駄のないノートは分かりやすい。見やすく、とても記憶に残りやすくなる。

ノート作りが楽しくなれば、学習時だけでなく必要事項をまとめる際の「つまらない」のイライラがいつのまにか消化されるだろう。

これからのノートは板書ではなくお絵描きで、ぜひやってみてほしい。

Writer: ADAM

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP