HEAPSmedia

“手”を使うなんてもう古い!次世代カメラはこうだ!

OTHERS

Photo by Sarah PENANT from Flickr

それはそれは一瞬の出来事。
「今、この瞬間を写真に納めたいのに…!」
そんな思いをしたこと、人生に1度はあるはず。

ウンウン。大きく頷いたあなた、もう大丈夫。 ハンズフリーで思い出を残せる救世主がやってくる!

どこでもお任せあれ

目の上にさらに3つの目。ツンツン尖ったパープルヘア。どう見たって見た目はイカした宇宙人。
そんな彼らの名前は「Flex Cam PIC」。
れっきとしたアクションカメラである。

イカしてるのは見た目だけじゃない。

この動画を見てほしい。

どこにでも巻きつけて撮影が可能である。
軽量であることはもちろん、防水、画角はワイドな135度!(iPhoneで70度ちょっと)

“PIC”本体内臓のメモリーは16GBで、音声付き動画を約1時間30分、録画が可能。

さらに!
撮影した画像、動画データは付属のUSBケーブルでPCにデータを転送、または“PIC”本体にWi-Fiが搭載されているので撮影データを直接スマホへも転送できる。相当イカしてる…。

別途アクセサリーを一切必要としない、まさに相方のような存在になれるカメラだ。

「気になる彼」は「保存」する時代

次にご紹介するカメラも夢のような機能を搭載したカメラである。きっとびっくりするだろう。

まず、下の3つを踏まえた上であなたはどんなカメラを想像するだろうか。

まさに写真好きにはたまらない、夢のような3拍子であろう。
実は、そんな夢のようなカメラが実際に存在したのだ。

その名も「BLINCAM」

写真の女性、ただタイプの異性がいたからウィンクをしているわけではない。ウィンクをするたびに写真を撮っているのである。

「BLINCAM」は先ほどの3拍子を兼ね揃えた、メガネに装着するタイプのカメラだ。
まだ頭に「??」が浮かんでいる方は動画を見てもらえればきっと解決する。

テンプル用のアタッチメントがあるため、どんなメガネにも対応でき、初期設定を行えばいつでもどんな時でもウィンクをしただけで写真が撮れてしまう。重さも25g(100円玉5枚分)とさほど気にならない重さだ。すごい…すごすぎる。

昔、「強く瞬きをしたらその瞬間にシャッターが押され、写真が撮れたらいいのに。」と思ったことがあった。これはまさにテクノロジーの進化と、“あったらいいのに”を形にしようとした人の思いの塊であろう。

どちらも先行予約販売は今年の秋口。
今年の秋は、去年と違った形で“ありのまま”の思い出を切り取るのはいかがだろうか。
 

Flex Cam PIC 詳細
https://www.makuake.com/project/flex-cam-pic/

BKINCAM 詳細
https://www.makuake.com/project/blincaminc/

Writer: NAO

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP