HEAPSmedia

建築、現代アート好きにはたまらない場所は、お寺?

ART

広島県福山市にある天心山新勝寺に新しいアートパビリオンが誕生する。その設計は国内外で人気のSANDWICHの名和晃平。その完成予想図が公開された。

波と光を感じる空間。
刺激と癒しの融合を感じる施設になる。

アート好きは一度は訪れておきたいと興味をそそられだろう。

なんて刺激的な響きだろう。禅寺と名和晃平

名和晃平|SANDWICHが設計を手がけるアートパビリオン「洸庭」(こうてい)が、広島県福山市天心山新勝寺に誕生する。2016年9月11日グランドオープンの予定だ。

「禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン「洸庭」。伝統的なこけら葺きを応用し、全体を木材で柔らかく包んだ舟型の建物が、石のランドスケープの上に浮かぶ。

物質感のある石の海を抜け、ゆるやかなスロープを上がり、小さな入り口から舟のなかへ入る。暗がりの奥には海原が静かに波立っている。波間には、かすかな光が反射している。

動物の剥製にガラスビーズ、泡が生き物のように感じる「foam」など、素材の扱いが特徴的な名和の作品。
肩書は彫刻家だが、近年は建築にも携わっている。学生時代から、建築素材及び、自らの作品展示スペースのデザインにも、興味をもっていたそうだ。

新勝寺×名和晃平で何が派生するか、秋が待ちきれない。

静寂な体験と癒しの場

また受付やお土産物を販売している寺務所は、赤瀬川源平の「ニラハウス」や浜松市にある「秋野不矩美術館」など独特な雰囲気を醸し出す建物が特徴的な建築家、藤森照信の設計。

1500点もの禅の書画のコレクションを所有し、その中には白隠の画や書もある。それら全ての中から随時約20~30点が、ガラス越しでなく、直に観れるように展示されている。もちろん座禅、写経の体験も可能。精進料理や新勝寺うどん、湯豆腐を食すこともできるなど、くつろぎの空間も設けられている。刺激もあれば、癒しもある。

古くより、寺ではお抱えの絵師に襖絵や天井絵を描かせるなど、その時代の最先端のアートがある場所であった。平成の今、日本の美術が今に至る出発点に立ち返る出来事が起きる。

Writer: Yukari Kawata

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP