HEAPSmedia

落書きじゃない!「町全体」を塗りつぶした「集団」

SOCIAL GOOD

Photo by lizbennington from Flickr

今ではすっかり観光名所となっているカラフルに塗られた町並みが魅力のメキシコの町、パチューカ。

しかし、この町がカラフルになったのにはとても深いワケがあった。

行ってみたい!世界一「カラフル」な「町」

2万平方にわたって、レインボーカラーのカラフルな­ストリートアートが広がっている町がメキシコにある。
その町の名前はパチューカ。

452世帯1808人の人たちが暮らす住宅に、レインボーカラーのペインティングが施されている。

観光客を呼ぶため?オシャレのため?

そうではなく、彼らは自分たちの町を住みやすくするためにこのアートを取り入れたのだ。

カラフルな町の「治安」は「最悪」だった

実は、この町はあまり裕福な環境とはいえず、とても住みにくい町であった。
それを象徴するかのように、治安の悪化や暴力事件の多さがこの町の抱える最大の問題であった。

それを改善すべく立ち上がったのはメキシコ政府。
そして、政府が頼った先はなんとストリートアーティスト『GERMEN crew』であった。

彼らにダークな街のイメージを一新してもらおうと、街全体をカンバスに明るいアートを描くようお願い。
そして、制作期間5ヶ月を経て、見事、レインボーな街が完成したというわけだ。

遠目で見るとレインボーカラー、近くで見るとバラや人物絵が描かれているなど細かなディテールにもこだわった素晴らしい作品である。

犯罪ゼロ!アートによって変わった町の生活

この町は瞬く間に注目を浴び、観光に訪れる人が急増。
町全体に活気があふれ、町の人々に元気を与えている。

さらに、驚くべきことは、今まで住む人さえも嫌がるほど悪かった治安も一気に解消。
このアートは町全体を明るくしただけではなく、住民の共同体意識も芽生えさせた。
そのため、暴力事件もほぼゼロになったという。

まさに、ストリートアートが起こした社会変革である。

レインボーの家が「地域の安全」を「守る」!

Photo by Barney Moss from Flickr

治安の悪化を食い止めるには、町全体の意識と協力が必要である。
そして、今回は、アートの力で町の人々の意識を同じ目標に向かわせることに成功したのだ。

何か問題を解決しようとした時は、「力でねじ伏せる」、「話し合いをする」という方法に加え、「アートで解決する」という選択肢もあるということを覚えておきたい。

アートは時に、集団の心を動かす、最大の武器になるだろう

Writer: Asuka Yoshida

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP