HEAPSmedia

主婦真っ青。「秘密の場所」が大っぴらに!

ART

Photo by puck90 from Flickr

特に主婦にとって、もっとも他人に見られたくない場所のトップが「キッチン」だという。しかし、もしその「秘密の場所」が丸出しになってしまったら。きっと素直になれるはずだ。

なぜ、全部「見える」のか?

Photo by YouTube

『ヴェネツィア・ビエンナーレ』というイタリアで開かれた国際展示会でお目見えになったものに人々が驚いた。

そこに現れたものは、『Infinity Kitchen』というすべてが透明のキッチンである。シンク下の収納スペースも、コンロも、冷蔵庫も……。すべてが「丸見え」なのだ。

「透明」にすることで「見えるもの」

Photo by YouTube
Photo by YouTube
Photo by YouTube

このキッチンを手掛けたのは、オランダにある『MVRDV』という建築会社。彼らがこのキッチンを制作した理由は「『食』を通して、すべてに目を背けることなく向き合うことの大切さを伝えたかったから」だという。

確かに、透明になったことで、冷蔵庫の中に何が入っているか、排水溝は綺麗に掃除されているか、一つの料理を作るのにどれほどのゴミが出ているのか。今まで気に掛けていても「知らないふり」をしてしまったものたちを、見ざるを得なくなったのだ。

「冷蔵庫」の中、把握している?

Photo by Stephen Ransom from Flickr

実は冷蔵庫の中にはまだ食べられるものが入っていたのに、その存在を知らずにまた重複して購入してしまったり、賞味期限が切れそうなものを把握せずにいたがために腐らせ、ゴミ箱行きになってしまったり。私たちのキッチンには無駄が溢れているのかもしれない。

その食べ物があればどれだけの人が救えたかというのは大げさかもしれないが、食べ物を尊敬すべき気持ちは間違いなく持つべきであろう。彼らの次なる展開は「透明な家」を作ることだそうだ。その時、私たちの生活の中の無駄がどれほど明らかになってしまうのか……。考えただけでゾクゾクする。

「透明キッチン」こそ、「人生」の「教訓」

Photo by Chase Elliott Clark from Flickr

きっと人生も同じだろう。目を向けなければならない見たくない現実を、うまく何かで覆い隠し、見て見ぬふりをしてうまく「楽に」生きてしまう。

しかしすべてを透明にして、見ざるを得ない状況に自分を置いたら、実はそこには「無駄なもの」ばかりが隠れていたりするものだ。

今まで見ないように避けていたものにも目を向けてみたらスパッとその無駄なものを捨てることができるのかもしれない。一度、あなたもすべての視点をクリアにして考えてみたらいかがだろうか。この丸見えのキッチンのように。

Writer: Asuka Yoshida

 

 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP