HEAPSmedia

「ヒロインは美白」。ステレオタイプが「黒い肌のハーマイオニー」を傷つける理由

CULTURE

Photo by Alec Couros from Flickr

7月末よりロンドンで公演されている舞台版「ハリ・ーポッター」

子どもだったハリーたちが大人になり、再び活躍するストーリーが描かれる。

しかし、公式サイトでキャストが紹介されると、各種SNSで大ブーイングの嵐が巻き起こった。

その理由は、“ハーマイオニーが黒人だったから”である。

黒い肌のハーマイオニーはヒロイン失格?

世界中の人々から愛される「ハリー・ポッター」シリーズは、世界累計発行が4億5000万部を超える大ベストセラーだ。

原作者のJ・K・ローリングは無名の作家であったにも関わらず、1997年にシリーズ最初の「ハリー・ポッターと賢者の石」が刊行された途端、一躍有名人になった。

この名作が、今年の夏に舞台版となって上演される。

大勢のファンが期待に胸を膨らませ、舞台の情報を待ちわびていたのだが、公式ホームページがキャストを発表した途端に「がっかりした」「ありえない」「納得いかない」といった意見がネット上で飛び交ったのだ。

その理由は、ハーマイオニーを演じる女優、ノーマ・ドゥメズウェニが黒人であっただめである。

映画版のエマ・ワトソンのイメージを強く抱いていたファンたちは、「ハーマイオニーが黒人だなんて納得いかない」と主張したのだ。

この騒動に対し、原作者のJ・K・ローリングはコメントを述べた。

「私は作品の中で、ハーマイオニーのことを“茶色の目、縮れた髪、とても聡明”と表現しました。ハーマイオニーが白人の少女であると明記したことは一度もありません。それに私は、舞台版の黒人のハーマイオニーが大好きです!」

原作者がハーマイオニーのキャスティングに対し、このようなコメントを述べたことにより騒動は一旦収束を見せた。

しかし、ファンの中には未だに「黒人を差別しているわけではないんだ。でも、ハーマイオニーは白い肌がいいな」という意見を掲げている人もいる。

「ヒロインは当然、白い肌の女性である」という思い込みが、世界中の人々の頭に定着していることを気づかされるエピソードだ。

“ありのまま”を否定された黒人のエルサ

アメリカフロリダ州では、小さな女の子が「肌が黒い」という理由で悲しい思いをすることになった。

ショッピングモールで開かれたディズニーのイベントに「アナと雪の女王」のエルサのドレスを着て行ったサマラちゃんは、3歳の黒人の女の子。

大好きなエルサのドレスを来て、母親と一緒に会場にやってきたのである。

彼女を傷つけたのは、自分と同じ年頃の女の子だった。

「どうして黒人なのにエルサの服を着ているの?黒人はエルサになれないのよ」

女の子に指をさされ非難されたサマラちゃんは、その場で顔を隠して号泣してしまった。

彼女の母親は、娘が経験した悲しい出来事をfacebookで発信。すぐに大きな反響が起こった。

そして後日、サマラちゃんのもとにこんなメッセージが届いたのである。

「ありのままのあなたでいてね」

それは、本物のエルサからのメッセージだった。

フロリダのディズニーワールドがサマラちゃんに励ましのメッセージを送ったのだ。

大統領は駐車場係

Photo by Barack Obama from Flickr

黒人差別の歴史は根深い。

かのオバマ大統領も、「黒人だから」という理由により大統領に就任する以前はひどい扱いを受けた経験があるらしい。

駐車場係に間違えられて見知らぬ人から鍵を手渡されたり、招かれたパーティーでウェイターと間違えられてコーヒーを持ってくるように命じられたり。

人々の間には「黒人は召使いである」という思い込みが根付いているようだ。

多様な人種が暮らすアメリカは、日本よりも人種差別問題に敏感だ。

オバマ大統領は「この国に住む誰かが、法のもとで平等に扱われないことは問題である」とコメントを述べている。

しかし、大昔から根付いている黒人の人々への蔑視は完全には消えないのが現状だ。

ヒロインは白人という「あたりまえ」

Photo by L. Whittaker from Flickr

黒人は白人の召使であり、物語のお姫様は当然のように白人である。

あえて言葉には出さないが、そういったステレオタイプが存在していることは確かだ。

そして、無意識の「あたりまえ」は、ナイフや拳を使わなくても、当事者の心を傷つける「暴力」になり得るのである。

Writer: Megumi Satou

from BeInspired!

 

 

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP