HEAPSmedia

絶望的なハネムーンを経験した、世界一最高な妻

PEOPLE



Photo by Mary Scheirer from Flickr

「ハネムーン」
なんと素晴らしき響きだろうか。みんなに祝福された結婚式の余韻そのままに、幸せに包まれながら二人で旅行を楽しむ。これ以上ロマンチックなことはない。

「夫婦でたくさん写真を撮って、思い出もいっぱい作ろうね」

こう話していた矢先「ごめん、ビザとれなかった」と夫からの一言。
これは、完全にぶち切れだ。

嘘だと言って……「衝撃」の「一言」

Photo by Huma and Arsalaan Mobin

パキスタン在住のヒューマさんは、全女性の憧れ、盛大な結婚式を終えたばかりの幸せな女性の一人。この瞬間、彼女は「自分は世界で一番幸せものだ」と思ったに違いない。無事に式が終了し、あとは以前から計画をしていたハネムーンに行くだけだ。

行先はギリシャ。
彼女の夫アルサラーンさんもこの旅行をとても楽しみしていた。スーツケースに荷物をつめ、お金を換金し、いざ出発という時に夫から衝撃的な一言が飛び出した。

「ビザ、とれなかったんだけど」

笑えない夫からの「告白」に、彼女は……?

Photo by Huma Mobin from Facebook

は?全く意味が分からない。

彼が言うには、どうやら大使館との交渉がうまくいかなかったからだそうだ。もっと早くからビザの手続きをしておけばこんなことにはならなかったのに……。

彼女は、しばらくこの状況を受け入れることができなかったが、もうこうなったら仕方がないと一大決心をした。

その決心とは、「一人で行くわ」

そう、彼女は夫を置いて……というより置いていかざるを得ない状況で、もう支払いも済んでしまっているハネムーンに夫なしで行くことを決心したのだ。

初日の夜は、ギリシャに来たものの一晩中泣き続けたというが、翌日からはせっかくだから楽しもうと心を入れ替えることに。そこに夫がいると想定して、エア夫との旅行を満喫したのだ。

その写真がこちら。これを彼女は毎日夫に送り続けた。

Photo by Huma Mobin from Facebook
Photo by Huma Mobin from Facebook

妻への最大限の「返答」

妻にこんなにも悲しい想いをさせてしまっているだなんて。ビザがとれなかった夫のアルサラーンさんは、もう自分を責めても責めきれなかったであろう。

そして、この写真を受け取った彼は、自分も写真で彼女の気持ちに応えることにしたのだ。彼女への謝罪の意も込めて、送った写真がこれである。

Photo by Arsalaan Mobin from BoredPanda

おい、お前のせいだと思わず突っ込まずにはいられない。
が、なんと素晴らしい返しであろう。「僕も寂しいよ」という気持ちを込めているのだろうか。ここまでくると、もう言葉が見つからない。

「相思相愛」とは、まさにこのことだ

Photo by SeongJun Hong from Flickr

一人でギリシャに旅立ったヒューマさんは、間違いなく悲しみや怒りの感情が付いてまわっていたはずだ。それにも関わらず、一夜にして心を入れ替え、自らの足で立ち上がった彼女からは全女性が勇気をもらったに違いない。

そして、ここで明らかなことは、一番ラッキーなのは勇敢な妻を手に入れた夫のアルサラーンさんであるということだ。

彼がどんな困難にも立ち向かう、最高で最強の妻を手にいれたことは言うまでもない。しかし、この二人の姿を見ると、互いを愛し想いあっていることは間違いないようだ。愛の形は人それぞれだと、改めて実感させられる。

Writer: Asuka Yoshida

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP