HEAPSmedia

「世界」を広げる「猫目線」

CULTURE

Photo by Ло from Flickr

朝起きて、仕事に行き、帰宅して就寝……。こんな毎日の繰り返しにうんざりしてしまうことはないだろうか。そんなあなたにこそ、時には「猫」として生活することをおすすめしたい

誰もが「猫」になれてしまう!?

猫のように、のんびりと暮らすことができたらと思ったことはないだろうか。

そんな暮らしを実現させた都市がある。 国内外から観光客を集める広島県は、猫の目線で街中を歩きまわることができる世界初のキャットストリートビューを公開した。

これは、Googleマップの『ストリートビュー』とよく似たものだが、目線は猫の体高の20センチメートルの高さにある

「猫」としてみる「奥の細道」

この『キャットストリートビュー』は街のPRのために制作され、案内役を務めるのは商店街の看板娘のララちゃん。

示されたマップを手掛かりに、行きたい場所をクリックするとララちゃんが一緒に回ってくれるのだ。

現在のこの『キャットストリートビュー』は奥の細道エリア、御袖天満宮エリア、久保エリアで公開中。

今後は、さらにエリアを拡大していく予定だという。

世界中のメディアが注目した「猫目線」

Photo by Martin Kenny from Flickr

今回のこの『広島キャットストリートビュー』は世界中のメディアに取り上げられた。

ロシアの政府系国際ニュース放送RTは「猫が日本の観光促進の役に立つのではないか」と伝え、英CNNは「猫の視点から見る日本の街はまるで村上春樹のような世界観である」と伝えている。

広島県が取り組んだ「猫目線」は海外の人たちにとっても、大変興味深いものであるようだ。

「猫」のように生きて、世界を広げる

Photo by Marcus Ramberg from Flickr

普段歩いている道でも、目線を変えてみるだけでまた違った姿を見ることができるのだろう。すると新たなことを発見でき、より世界が広がっていくのかもしれない。

楽しいことは、自分次第で無限に広がるのだ。

この「猫」としての道の歩き方は、きっと人生にも言えることであろう。

ホームページ: https://hiroshima-welcome.jp/kanpai/catstreetview/

Writer: Asuka Yoshida

 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP