HEAPSmedia

もはや「ギャグ級」!飛び出すお乳でママを救え!

MOVEMENT

Photo by drpavloff from Flickr

料理に洗濯に、とにかく主婦は忙しい。
もし小さい子どもがいるのなら、なおさらだ。

そんな「頑張るママ」を助けるべく素晴らしいアイテムが登場した。

恥ずかしがらずに堂々と使ってほしい。

「ブラ」をしたまま「搾乳」ができる!

生まれたばかりの子を持つママにとって、大変なことの上位に来るのが「搾乳」だそうだ。

赤ちゃんはいつお腹が空くか分からない。夜中かもしれないし、外出中かもしれない。
わんわん泣き出す我が子を前に、母乳をあげないわけにはいかない。

しかし、あげる場所を考えたり、自宅でもその時間がもったいないと考えるママたちは多いようだ。

そこで考えられたのがこの『Super Mom All in One Bra』だ。

一目見た瞬間、まさにコメディー映画にでも出てきそうなインパクトであるが、これがまた非常に有能。

普段は普通のブラとして着用でき、いざ搾乳という状況になれば、哺乳瓶をブラの穴にあてこむだけ。
そして、搾乳ができたらそれを赤ちゃんにあげればいいのだ。

暴れる赤ちゃんを抱っこして、あやしながら搾乳する必要もないし、なによりハンズフリーで搾乳ができる。

ママはその間、食事を楽しむこともできるし、洋服の下に忍ばせてしまえば外から見えることもないので、場所を移動する必要もない。

「ストレス発散」の鍵となる!?

Photo by Sarah Gilbert from Flickr

「冗談でしょ……」と言いたくなる気持ちは分からないでもないが、これが実際に海外ではウケているのだ。

日本に比べ、海外では結婚をして子どもを産んでも、女性として生きることを忘れない風潮がある。

もちろん子どものことは愛しているが、それ以上に自分の時間も大切にしなければ子どもに示しが付かないと考えるママも多い。

そのため、少しでもいい意味で「楽」をして、子どもだけに捕らわれないよう、うまくストレスを回避するように工夫をしている人たちが多いのだ。

「9割」の「ママ」が救われるかも

Photo by clappstar from Flickr

もしかしたら、このギャグ感溢れるブラジャーはいい意味での「手抜き」をママたちに教えてくれるのかもしれない。

『日本労働組合総連合会』が2013年に発表したデータによると、ママたちの約90パーセントが育児にストレスを感じているという。

その主な理由は、今までと変わる生活への変化。

今までは、ストレスが溜まれば友人とおしゃべりをしたりランチに出かけたりして、そのはけ口を上手に見つけていた。
しかし子どもが生まれると、子どもが中心になる生活に自分のストレスの発散場所を見つけられにくくなってしまうからだという。

「ママだって人間。たまには大いに手を抜いたっていい」

そう、このブラは教えてくれているのかもしれない。

Writer: Asuka Yoshida

 
 
 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP