HEAPSmedia

【発表】新ヒゲ活用法 : ヒゲは「オシャレ」ではありません。

SOCIAL GOOD

Photo by radiowire

コンビニやテイクアウトの食べ物を買うと、どうしてもついて回るのが余計なゴミ。
使い捨てのお皿やコップはとても便利な反面、同時に地球を汚してしまっている。

なにか、いい解決策はないのか……。

そんな問題に体を張って立ち向かった男がいた。

15 年間の産物……何かの役に立てたい!

アメリカ出身のイサイアさん。
彼の自慢は長く立派なヒゲである。

29 歳になるイサイアさんだが、15 歳のとき以来、そのヒゲを一度も切っていないそうだ。

「ここまで成長した自身のヒゲを何かに使うことができないものか……」。
そう考えたイサイアさんはなんとそのヒゲをあるものに変えることを思い付いたのだ。

その特徴は「変幻自在」、「再生可能」

Photo by incredibeard from Instagram

イサイアさんが思いついたアイデアとは、自分のヒゲを器に変えること。

ヒゲの器はハンバーガーなどの固形物の他、盛り付けることが難しそうなラーメンまでもが収められる。

盛り付けられるものによって形を変えることができるのもヒゲ器の特徴。

もちろんイサイアさんがヒゲを切らない限り、何度でも再生可能である。

「ヒゲ」でゴミを減らす

Photo by JP Goguen from Flickr

便利と引き換えにどうしても増えてしまうゴミ。
リサイクルが可能と言われている紙類でも、紙容器などの食べ物の汚れがついてしまったものはゴミとなってしまうのが現状だ。

しかしそんなゴミ問題を自分だけではなく周りも楽しませながら解決することができたらどれほど幸せであろうか

「あなたのヒゲが地球を救う日も近いかもしれない」というと、少し間抜けに感じてしまうかもしれない。

しかし、いつだって革命を起こすのは突拍子もないアイデアだということも忘れてはならない。

Writer: Asuka Yoshida

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP