HEAPSmedia

クレイジー!ひたすら斧を投げるスポーツ、やってみない?

TECH

Photo by karlisyourfriend from Flickr

ストレス溜まってるぜ!叫びたいぜ!

そのついでにイライラしながら「うお〜…斧投げてぇ」と欲情したことがある人はどれくらいいるだろうか?

そんなちょっとぶっ飛んだあなたにぴったりのスポーツがカナダでニッチな人気を呼んでいる。

その名も「Batl Axe Throwing」だ。

Photo by karlisyourfriend from Flickr

斧を振り回して良いのはヴァイキングだけであって、我々一般人にとって斧は投げるものではないというのがもはや一般常識…。

そんな一般常識を覆してしまうかのごとく、このアクティビティが男女問わず熱狂的なファンを生んでいるというのだ。

そもそもスポーツと呼んで良いのか迷うところではあるが、ルールはいたって簡単。

的の中心を目がけてただ斧をぶん投げるだけである。
1ゲームにつき投げられる回数は5回で、外枠、中枠、真ん中でそれぞれ得られるポイントが異なる。

いかに自分のパワーとスキルを相手に見せつけるかがポイントのようだ。

Photo by karlisyourfriend from Flickr

このBatl Axe Throwingの始まりは、2006年に創設者Matt Wilsonがサマーキャンプの旅行で刺激を受け急に投げたくなったことからだそうだ。

Willson氏は当時、山小屋で一人ひたすら斧を投げて練習を積んでいたとのこと。

それだけでもはたから見たら「狂気」じみては見えるが、そんな個人的でぶっ飛んだこの情熱がなぜか近隣住民を引きつけ、その後トロント中に広がることになったという。

ちなみに自分専用のマイ斧を持っている人も多いようで、人の斧に絶対に触っていはいけないというのがセオリー。

エリアごとでリーグ戦も開かれているそうだ。

斧を持っている姿は確かに狂気じみているだろう。
しかしこれはあくまでも健全なスポーツだ。
この簡単なルールで誰でも楽しむことができるのだから。
ダーツのイカツイ版と考えればなんて事はない。

ストレスは、斧を的に投げて発散だ!

Photo by karlisyourfriend from Flickr

Writer: Doga

 

 

 

 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP