HEAPSmedia

若者殺到!楽しすぎる。スウェーデンの「政治会議」

SOCIAL GOOD

Photo by Redfishingboat(Mick O) from Flickr

海辺のサンセットに、ノリノリのクラブミュージック。そして踊り狂う人たち。
夏の音楽フェスで見かけるこの光景。おかしな点は、なぜかみんな「スーツを着用している」ということ。

そう。この音楽フェスと見紛うイベント。
実は、スウェーデンの「政治会議」なのだ!

誰も知らない「世界一大きな政治会議」

Photo by rise ikea from Flickr

スウェーデンのローカルメディアThe Local Swedenによると、このファンキーすぎる政治会議は『Almedalen Week』と呼ばれるそう。
一年に一度スウェーデンの南部、ゴットランド島(Gotland)の都市ヴィスビュー(Visby)で開催されるこの会議は、政党リーダーたちが8日間に渡ってスピーチを発表する、スウェーデンで最も重要な「政治イベント」なのだとか。

ただ、40年の歴史を誇る「世界で指折りの規模を持つ政治会議」であるにも関わらず、スウェーデン国外の人にはその存在すら知られていないという。

若者殺到。楽しすぎる「政治参加」

TwitterなどのSNSでは、この政治会議の様子がアップされている。去年の様子を紹介しよう。



(ゴッドランド島のスペシャルメニュー!)



(スウェーデン最大の政治会議ウィークにて。イギリスの政治会議とは似ても似つかない!)



(Almedalenにて。過去と未来に乾杯!)



(デジタル経済の課税について、ディスカッション中!)

写真からもわかる通り、このイベントでは政治独特の堅苦しい雰囲気はほとんど存在しない。

「フェス」のようなリラックスした雰囲気が流れる会場では、若者の参加者も非常に多く見られるようだ。

更に、入場料は無料だそうで、近年の社会問題についてディスカッションを望む者ならば誰でも歓迎されるそう。

楽しくなくっちゃ、参加できない!

Photo by John Goodridge from Flickr

スウェーデンの若者の選挙投票率は80%を超える。

さらに、政党メンバーの25%が25歳未満。立候補者の中には、19歳の高校生もいるという。
そんな「政治にアツい若者」が凄まじく多く育つスウェーデンには、このような「社会問題を楽しく考えるイベント」の存在が大きく関係しているのかもしれない。

Photo by Jon from Flickr

日本では若者が政治に参加しないために、計算上「月額62,000円。20代の70%が“大金”をドブに捨てている」という事実がある。

若者の政治離れについては、大人たちからよく避難されがちだが、その理由は若者だけにあるわけではないのかもしれない。

日本の政治家によく見られる、あまりに長くエンターテイメント性のかけらもないスピーチ。

若者が政治に魅力を感じられないのは、「魅力的に映る方法」を考えない。そんな大人たちの責任とも考えられるのではないだろうか?

Writer: Yuka Takahashi

from BeInspired!

 
 

この記事が気にいったら、いいね!しよう
HEAPSmediaの最新情報をお届けします!

TAG


アプリで、HEAPSmediaを楽しむ。

どこでもいつでもサクサク快適に“遊び”が見つかる。

HEPASmedia

DOWNLOAD NOW!

アプリ画面

PAGE TOP